Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

高い声を出すためには:「ヘッドボイス」を身につけよう

      2017/04/30

ボイトレ情報

皆さん、「ヘッドボイス」していますか?
「ヘッドボイス」とは、「頭声」と訳され、読んで字のごとく「頭に響かせる」ハイトーンの発声です。
・・・何が何だかわからないですね。しかし、ハードロック、ヘヴィメタルを歌う上で欠かせないものとして、様々な教則本やウェブサイトによく登場し、色々な定義がなされているワードでもあります。

この魔境「ヘッドボイス」に対して、ボイストレーナー「ケン・タンプリン」氏の説明がとても腑に落ちたので、今回は備忘録も兼ねてご紹介です。

ヘッドボイスの定義

まず冒頭で、「ヘッドボイスは定義が様々であり、これを伝える唯一の方法は、ボーカルコーチまたはその生徒が自ら実演して見せること」とおっしゃるケン先生。頼もしいです。

ケン先生は、「ヘッドボイス」を「ファルセット(裏声)の声域で歌うこと」だと考えています。

曰く、ベルカント唱法風の「ヘッドボイス」はチェストボイスを頭に響かせるもので、今回の場合ヘッドボイスとは定義しません。

ヘッドボイスは、あくまでファルセットなのです。

一方これは、誤解を生む定義でもあります。人々はファルセットのことを「息漏れのある弱々しい歌声で、チェストボイスのように力強い歌声にできない」と考えがちだからです。

そこでケン先生が力強いヘッドボイスを実演してみせてくれています。強いです。

こうした声をつくるには、まず強力なチェストボイスが必要だとケン先生は言います。
家の基礎をつくるのと同じく、強力なヘッドボイスの支えとなるからです。また、ロックのみならず、R&B、ポップス、カントリー、ジャズ等なんでも有効なようです。

ヘッドボイスの練習法

「E」の母音で、Bee Gees風のブライトな高い声でスケール練習します。
E」の母音は、一番小さく発音でき、コントロールしやすいため、ヘッドボイス開発には向いているそうです。

そこでケン先生、ソプラノばりのヘッドボイスを披露。
「まるで女の子みたいだろ?でも誰だってできる音色・声域なんだ。」
と言ってのけます。めっちゃ頼もしいです。

非常に明るい音色で練習する必要があるそうですが、最初は難しければ、ちいさな音から初めて良いとのことです。

まとめ

ヘッドボイスはファルセットの延長

しかし力強く、チェストボイスとシームレスなのがヘッドボイス

開発するには、Bee Geesになりきって「E」の発音でスケール練習

最後に忘れてはいけないのは、まずはチェストボイスから、ということです。

動画内でも、「でも大切なのは、しっかりとしたチェストボイスをまず身につけること。さもないと、チェストボイスで音を外してしまう。」的なことをおっしゃっていますね。理論的には、ヘッドボイスは「チェストボイスの際の筋肉が一部働いた裏声」とも言えるので、理にかなってそうではあります。是非チェストボイスに関するエントリーもご参照いただければ。

意外と忘れがち?チェストボイス(胸声)の鍛え方

「ヘッドボイスについて詳しく知りたい」という方はこちらも参考になるかもしれませんね。

ヘッドボイスの出し方と練習方法

ではまた。