Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

歪んだロック声で歌う方法

      2017/04/29

ボイトレ情報

ボイストレーナー「Ken Tamplin」氏の無料動画。(原題:How To Sing With Distortion And Rasp )

「how to sing with distortion」、つまりロック特有のあの「歪んだ」歌声を得る方法を解説しています。
ちなみに「Rasp」は「ヤスリ」という意味ですが、転じて「ギリギリとした、耳障りな音」というニュアンスもあるみたいですね。ロックシンガーのあの軋んだような歌声をさしてこの語も結構使われるようです。
さて、動画の内容のサマリーにいきましょう!

「まずはクリーントーンから、徐々に歪ませていく」

この動画内でタンプリン氏が述べていることは次の2点に集約されます。

最初にパワフルなクリーントーンを身につける

そののち段階的に少しずつ声の圧(compression)または歪み(distortion)を足していく

ロックシンガーのあの「歪んだ声」を出そうとして、思いっきり大声で怒鳴ってみたり、声を枯らしてみたり、お酒で喉を焼いてみたり・・・なんて経験はないでしょうか(ぼくは概ね心当たりがあります)。

たしかに、そのとき歪むことは歪むのですが、それはやっすいエフェクターをかませたチープなエレキギターの音のようなもので、大概の場合歌う方も聴く方も辛い歌声が出来上がってしまいます。

動画内の「Run to the Hill」や「Burn」のサンプル歌唱のような、「心地の良い歪み」を作るには、まず力強いクリーントーンの歌声を、というのがこの動画の趣旨です。「How To Sing With Distortion And Rasp 」という動画のタイトルからは逆説的なような感じもしますが、遠回りが一番の近道、ということでしょう。

まとめ

とはいえ、ボーカルスクールへと誘導するための無料動画なので、では実際どうやって「歪み」を作るのか、というところまでは言及されてはいません。これは今後も要研究ですね。

ロックな歌声を目標としていても、表層だけを真似るのではなく、基礎的な歌の技術を体得していく必要があるようです。

最後に、動画内でのケン先生の重要な一言。

「そして、最後はクリーンな声に戻り、声を整えなかればならない。自分の声を永遠に深く歪んだものとせず、多様な歌声で歌うことを望むのであれば。」

ではまた。