Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

喉を開いて歌声をラクにする3つの方法

      2017/04/29

ボイトレ情報

ロックンローラーの皆様、こんばんは。
さて、歌を歌うとき、喉が苦しくなってしまったことはありませんか?

声を大きくしたり、メロディを辿ろうと意識したり、あるいは緊張していたり…歌を歌うときには何かと神経を使うので、思わず喉に力が入ってしまい、結果喉が締まって歌うことが苦しくなってしまうことも…
特に、ロックなんて歌おうとすると、なおさら大声で張らなきゃ、という意識が働いて力んでしまいます。

事実、この「喉が苦しくなる」「喉が締まる」感覚は、歌い手にとって最大の敵の一つです。
これは、どんなジャンルを歌おうとそうは変わりません。

Anya Singletonさんの上記の動画では、そんな喉を苦しみから解放する、簡単なウォームアップが紹介されています。今回はこちらを学び、辛い「喉声」とお別れしましょう。

喉を開く3つのウォームアップ

1.ハミングで歌う

喉の緊張から解放される最も簡単な方法の一つがこの「ハミング」です。
ハミングは口を閉じた状態で、「mm~」と発声します。

自分にとって歌いやすい低いキーでやってみましょう。
また、喉を常に開いた状態に保ち、唇は常に閉じておきます。

ここで投稿主のAnyaさんは喉が閉まってしまっているダメな例を示します。

首や喉のあたりにテンションが多くかかり、音が鼻の辺りに飛んでいきます。
これはシンガーにとってあまり良くないそうです。

もし喉をちゃんと開いてリラックスいれば、ハミングで良い音、オープンなトーンが得られます。ピッチも自由自在、声域をまたいだ「サイレン」も余裕です。

つまり、唇を閉じ、喉を開いた状態で、こうしたやわらかいハミングをキープできるようになれば、 喉にかかる負荷を小さくできるということです。

2.首を回してリラックス

2つめは、首を回したウォームアップです。頭を落として、ゆっくりにまわし、一周します。

ポイントは、口を開け、顎を落としたまま首を回すことです。
顎を閉じたままだと、喉にたくさん負荷をかけてしまうのだとか。

3.ぬるま湯か生ぬるい飲み物を飲む

「筋肉を癒す温湿布みたいなもの」だそうで、なるほど寒い冬などにはウォームアップの効果が期待できるとのこと。

まとめ

以上、3点でした。
どこでも簡単にできますので、カラオケやバンドなどで歌う前に、是非とも取り入れたいウォームアップではないかと思います。
「たかがハミング・・・」と思う方もいらっしゃるかもわかりませんが、かのジョー・リン・ターナー(Ex Rainbow/Yngwie Malmsteen)はハミングから歌声を鍛え始めた、的なことを何かの雑誌のインタビューで言っていました。太く力強いロックヴォイスも、最初の第一歩は柔らかいハミングから始まるのです。

合わせて、先日掲載した腹式呼吸≒横隔膜の使い方も身につけ、苦しい「喉声」からオサラバしたいですね…!自戒も込めて。

ではまた。