Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

プロは皆やっている!?ハイトーンをロックに歌う方法

      2017/04/29

ボイトレ情報

「チェストボイス、ヘッドボイス、ミックスボイスってのがあるのはわかったけど、俺が歌いたいのはポップスじゃなくてロックなんだよ」という方、いらっしゃいませんか?

実際、ボイトレの教本等を読んでいても、なかなかロックらしいあの軋んだ歌声の解説にはなかなか出会えません。「あのハスキーは生まれつき」「骨格の問題」などなど、なかなかモヤっとする書き方がなされていることも少なくありませんね。

とりあえず御託はいいから、端的にロックっぽく歌う方法はないものか…。
今回はロサンゼルスのボーカルコーチPer Bristow氏の動画を参考に、「ハイトーン・ハードロックの歌い方」を探っていきたいと思います。

「情熱的にロックを歌う≒ボリュームを上げる」という考えを改めよう

「ボン・ジョヴィ、ガンズ、スキッド・ロウのような、キーの高いロックソングを歌う簡単な裏技教えてほしい」という視聴者からの質問をアナウンサー?が読み上げるところから始まります。

これに対して、Per Bristow氏はスキッド・ロウの名曲「I remember you」でデモンストレーションしながら答えます。上手いですね…。

一般に、普通の人はロックを歌う時情熱や感情を表現するため、ボリュームを上げて怒鳴ってしまうのですが、これが間違っているというのです。

通常のイメージと異なり、ハイトーンのロックはまず、ソフトに歌えるようになることが第一です。
怒鳴って地声で発声するとすぐに疲れてしまうためですね。

この声に歪みを加えていくことで、ロックらしい力強さを表現します。このとき、大きく力強い出音に聞こえますが、歌っている本人はあくまで「ソフトに」歌っているのです。

さて、このときの声はファルセット、裏声ではありません。
いわゆるヘッドボイスですね。まずはこちらの発声を身につけることが第一歩でしょう。

よりエッジの効いた声で歌いたいと思ったときも、大きな声で歌おうと考えてはいけません。
力まないヘッドボイスのまま、ディストーションを加え、感情を表現する、これがハイトーンのハードロックの歌い方、とのことでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
「声を大きくして、無理やりハイトーンをひねり出せば、上の方の音が歪んでちょうどロックだぜ」と考えていた方はそれを改めたほうがよいかもしれません(ぼくです)

何にせよ、まずはヘッドボイスですね。今回、ヘッドボイスは「ファルセットと異なる」と語られていて、一見、以前ご紹介したヘッドボイスの定義と矛盾するようですが、今回のPer Bristow氏はファルセットを「息漏れのある弱い歌声」という一般的な認識に近い概念として紹介しているのに対して、リンク先の定義ではあくまで地声とは異なる声区である、ということを表現するものとして使われています。あくまで言葉の定義の問題で、それぞれ指し示すところはそうは変わらないかと思いますので悪しからず。

また、エッジ、声の歪みの乗せ方に関しては、こちらの「コンプレッション」についての説明が参考になるかもしれません。

ではまた。