Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

ミックスボイスが出来ない→ボーカルフライ(エッジボイス)を練習しよう

      2017/04/30

ボイトレ情報

ミックスボイス(mixed voice)…「高音発声」の登竜門として、巷では様々な論者がいろいろな定義をしている声です。ミックスボイスができれば、高音域を張り上げることなく、柔らかく歌うことができる…そんな発声のテクですが、理屈はなんとなくわかっても実際出そうとするとイマイチ出来ない…ということで悩まれている方も多いハズ。

今回ご紹介するのは、動画主のBrett Manning氏が、ミックスがなかなかできなかった時に見つけたという方法をシェアします。ミックスボイスで悩まれている方は是非チェックしてみてくださいね。

ミックスボイスが見つからないときは、「ボーカルフライ」すべし

Brettは、ミックスボイスがなかなかできずに苦戦したようですが、そんなとき、「ボーカルフライ(vocal fry)」がヘッドとチェストの間の声区を繋げる感覚を培った、といいます。

「ボーカルフライ」とは、なんでしょうか?
このページでの詳細な説明は省きますが、低音域で声帯をピタリとくっつけて出す、声にならない?声です。我々日本人の耳には「呪い」とかいう言葉がぴたりとハマりそうな音色ですね。「エッジボイス」と呼ばれることもあるようです。

通常、声区のブリッジあたり、彼(テナー?)の場合だとF#付近、バスはB♭付近、アルトでもF#付近、ソプラノでAからB♭近辺を発声すると、張り上げてしまうか、あるいは柔らかく歌おうとしてファルセットに裏返ってしまいます。

そこで、そのブリッジ付近で、ボーカルフライの感覚を保ったまま発声します。一聴すると気持ち悪い感じの声になりますが、うまく働くと見事にミックスボイスが見つかるそうです。

多くの人はボーカルフライを「ハスキーな声」と誤解しているが、これは違うと言います。
しっかりと声帯を閉じて、息漏れがないように発声するのが、正しい「ボーカルフライ」です。

この声帯の動きが簡単かつ正確にできるようになると、裏返ることなしに、チェストボイスとヘッドボイスの音域を合わせるミックスボイスのサウンドを得る下準備ができるそうですよ。

まとめ

「ボーカルフライ」による声帯の閉鎖で弱まらないミックスボイスを養う、という考えは理に適っているように思います。また、「ボーカルフライ」は近年のロックで「これでもか」というくらいに多用されるので、これ単体でも身につけておいて損はなさそうですね。ボーカルフライを深めていきたい、という方は以下もどうぞ。

決定版!ボーカルフライの見つけ方

3分程度の動画ですので、ミックスボイスについての説明があまりなかったですが、もっと知りたいという方は以下も参考になるかもです。

ミックスボイスの出し方のコツ、練習方法

高音域を柔らかく、というのはやはり憧れますね…。
ミックスボイス体得の足がかりになれば幸いです。
ではまた。