Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

決定版!ボーカルフライ(エッジボイス)の出し方、練習方法

      2017/04/30

ボイトレ情報

以前、ミックスを体得するには「ボーカルフライ(vocal fry)」が有益、という話がありました。
さて、この「ボーカルフライ」、日本では「エッジボイス」とか「呪いの声」とかいう言われ方をすることもありますが、実際、どういった声で、どのように練習すればいいのでしょうか。

本日はニューヨークのボーカルトレーナー、ジャスティン・ストーニーさんの「ボーカルフライ三部作」と銘打った第一章で、「ボーカルフライ」について詳しく解説しておりましたので、こちらを参考に勉強していきたいと思います。

ボーカルフライ(エッジボイス)とは

チェストボイスより下の次なる声区

ストーニーさんは、ボーカルフライをチェストボイスより下の声域の「新たな声区」として捉えています。確かに「地声」とは音色が異なり、喉の使い方も違うのでそのような定義がしっくりくる感じです。チェストより下になりますので、しゃべり声より低い、もっとも低音の域となりますね。

声帯を短く、緩めて使い、軽くコンプレッションする

発声のメカニズムとしては、声帯が非常にルーズになった状態になるらしいです。そして緩んだ声帯がぶつかり合うことであの「フライ」音が生まれます。

ボーカルフライってどんな声?

Screwy wabbit


アニメのキャラクターでしょうか。彼のしゃべり声が「ボーカルフライ」の参考になるようです。

Hit me baby One more time Britney Spears


フライを多用する歌い方としての参考例として挙げられています。たしかに。

喉に悪い?

一聴すると、いかにも喉を壊しそうな音色ですが、先ほど書いたとおり、ボーカルフライはチェストの下の自然な声域なので、決して喉に悪いということはありません。
喉を緩めリラックスさせる効果があり、スピーチセラピストも指導にフライを取り入れることもあるとか。ただし、常にボーカルフライで話したり、など、やりすぎる場合はよろしくないようです。
他の音色の声も使いつつ、適度にやる分には問題がないかといえます。

ボーカルフライの利点

歌の表現として

クールさ、エモさを出すのに使われることが多いですよね。他の動画で詳しく解説しているようですが歌の中で必要とされる局面はたしかにあります。

ボーカルテクニックを向上させる

ボーカルフライの喉を緩める効能は発声面に様々なよい影響をもたらします。こちらも別途解説項目でしょうが、たとえば「ミックスボイス開発の足がかりになる」などもそうかもしれませんね。

ロックボーカルのための「本当の太い高音」練習法

ボーカルフライの見つけ方

「mom」の発音でスケールを下っていくエクササイズを行います。チェストボイスの音域から下っていって自身のフライを探りましょう。
このとき、息漏れのあるルーズな声になってしまう場合がありますが、これはボーカルフライではありません。自然に緩めてフライのレジスターに下っていきます。

まとめ

ミックス体得に有効なのは勿論、現代ロックでは上手くフライを活用するボーカリストが多いので、なんとか身につけて行きたいですね。やりすぎには注意で!

ボーカルフライ三部作、第二編はこちらになります。

ボーカルフライの使い方(表現・技術編)

ではまた。