Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

歌の表現力と高音発声を同時に鍛える!ボーカルフライ(エッジボイス)の活用

      2017/04/30

ボイトレ情報

以前に引き続き、ジャスティン・ストーニーの「ボーカルフライ三部作」と銘打たれた動画シリーズの第2章を追いかけていきます。前回のエントリーはこちら。

前回示した通り、ボーカルフライとは、チェストボイスよりさらに低域を発する際に出る声で、声帯を緩め、軽くコンプレッションして発声します。

では、そのボーカルフライは、どのような時に使われ、どのように役に立つのでしょうか?本編では、その「スタイル」と「テクニック」に注力して説明されています。

歌唱表現のスタイルとして

Screwy wabbitの話し声や、ブリトニーの歌い方は極端な例ですが、ポップスやロック、R&Bやカントリーといったジャンルの表現の一環でよく使われます。

ボーカルフライの入れ方としては、「最初の音」に使われることが多いようです。また母音の前に差し込まれる例が散見されます。

ここで、ライアン・アダムスのOh My Sweet Carolinaでデモンストレーションしてくれています。

1音目の「oh」に入る前にフライが入っているのがわかるでしょうか。

ボーカルフライが入ることで、現代的で、クールでエモーショナルな感じに聴こえますね。これが、スタイル面でのフライの効能と言えるでしょう。

高音発声のテクニックとして

ボーカルフライは、ハイトーン開発によい、と言います。これはなぜでしょう。

フライするとき、声帯は軽くくっつきます。つまり、閉鎖するのですね。

閉鎖とは、ファルセットしないことを意味するとのことです。通常、ファルセット時には密着せず開いています。
一方、フライ時は声帯へのコンプレッションにより、喉を搾り上げることなく、一部声帯がくっついています。

中間の(medial)コンプレッション、という表現がされていますが、つまり、完全に閉鎖する(実声)でも、開く(裏声)でもない状態が可能になるということでしょう。

これは、いわゆるミックスボイスに必要なことです。以前ボーカルフライがミックス開発に役立つという話がありましたが、なるほどこういう理屈があったのですね。

スタイルとテクニックを両方鍛えるエクササイズ

ここでは、スタイル面、テクニック面の両面に効果的な練習法を学びます。

具体的には、ボーカルフライを入れて「oh no no no no no」と、上下にスケール練習だします。

このとき、最初の「oh」にはライアン・アダムスよろしくボーカルフライを載せます。

練習では、軽くコンプレッションする感覚を身につけましょう。そうすることで、テクニック、スタイル両面にとって得られるものがあるようです。

また、ある種の筋肉トレーニングみたいなものなので、やり過ぎには注意しましょう。

まとめ

一見、「ただのカッコつけ」であったり、あるアーティストの「モノマネ」であったりと揶揄されがちな?ボーカルフライですが、表現としても、技術としてもかなり体系的なものになっているのは個人的には驚きでした。
是非ボーカルフライをしっかり身につけ現代的なクールボイスになりたいです。

結構ボーカルフライについて語りつくした感がありましたが、第3部ではより表現にフォーカスして説明がなされています。どうぞこちらもご参照いただければ!

最近の洋楽っぽく聴こえる!ボーカルフライを使った歌い方

ではまた。