Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

喉を傷めないがなり声の出し方

      2017/04/29

ボイトレ情報

「がなり声」とも呼ばれるアノ歪んだ歌声は、大音量のロックバンドの演奏によく馴染み、カッコイイですよね。しかしながら、我々一般人がロックらしくがなり立てて歌おうとすると、ものの10分で喉が潰れてしまいます。

でも、プロのボーカリストは2時間のライブを終始がなりっぱなしで歌ったりするわけです。一体どういうことなのでしょうか。

どうも、洋楽ハードロックなどで聴かれる「がなり声」には、ちゃんとした発声方法と練習方法があり、それに則って発声することで喉へのダメージを最小限にできるようです。

今回は歌声に歪み(distortion)を加える方法の解説動画をみながら、そんな安心安全な「がなり声」について考えていきます。

ディストーションをする前に

最初に、クリーントーンでの発声をしっかりできるようにしましょう。
横隔膜の使い方、など、普通に歌う際のトレーニングはがなり声にも有用です。

また。喉を痛めるような歪ませ方は控えましょう。「適切」「いい塩梅」を探ることが大切なようです。

また、練習の際は常に水をそばに置いておきましょう。

1.チェストボイスで歪ませる

まずは実声の音域で歪ませ方を学びます。
歪んだがなり声の開発は、次の3ステップで行うそうです。

歪ませて唸る

まずは唸るようにしてハミングします。これによって、適切な歪ませ方を探るようです。
このとき、 喉ではなく、口の奥の「軟口蓋(soft palate)」が震えるようにします。


引用:http://www.emec.co.jp/

いわゆる「のどち⚪︎こ」の上あたりでしょうか。
口を閉じた状態でできるようになったら、その響きを落とさないようにして徐々に口を開いていきます。

音程を付ける

ステップ2は簡単なメロディを歪ませたまま歌います。これも喉ではなく、軟口蓋が震えるよう忘れず意識していきましょう。

音程をあげていく

歪みを保ったまま、ちょっとずつ音域を広げていきましょう。チェスト〜ミドルの音域でトライします。

2.ヘッドボイスで歪ませる

次に、今度はヘッドボイスの音域で歪ませます。といっても、これはチェストより簡単みたいなことをおっしゃっています。
しかし、ただヘッドボイスができれば・・・の話でしょうが。
ヘッドで歪ませた音色はクリス・コーネル(ex. Soundgarden)風で、カッコイイです。あんまり詳しい説明がないような感じですが・・・。

デモ曲では歪みの効いた歌声を聴かせてくれています。

まとめ

「喉を傷めずガナる」という点において重要なのが、歪みは喉ではなく軟口蓋でつくる、という点でしょうか。ここをうまく震わせるコツをつかめれば、喉が苦しいことにならずにしっかりディストーションできそうです。

ガナり声のロッキンで感情的な音色と裏腹に、地道な唸り声の練習が大切なんですね。

また、ヘッドの音域での歪ませ方がイマイチよくわからなかったので、これはまた要研究かもしれません。

ではまた。

7/4追記

声における「distortion」とよく似た概念で、「Rasp」というものがあります。「Rasp」とは「ヤスリ」の意で、転じて「ガサガサした(声)」というような感じで使われるようです。同じ動画の彼が引き続きこの「Rasp」についても説明していますので、こちらもご参考にどうぞ。

ロックなハスキーボイスの出し方(sing with rasp)

また、高音域で歪ませたい、という場合はこちらも参考になるかもしれません。

Linkin Parkを歌いたい方必見!?高音ハスキーボイスの歌唱方法