Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

断末魔のデスボイス!「フライスクリーム」の出し方

      2017/04/29

ボイトレ情報

フライスクリームといえば、いわゆる「デスボイス」の一種で高音での凶悪な響きを持った叫び声です。多分、「断末魔」ってこんな感じの声だろうな・・・といつも思うんですが、どうでしょう…?

まあ、聴こえ方としてはとっても喉に悪そうなフライスクリームですが、以前扱ったフォールスコードスクリームと同様、「適切な」発声方法があるそうです。

今回もまた、Rocky Music Studioの動画を見ながら、フライスクリームのとっかかりを探っていきます。

フライスクリームの出し方

フライスクリームはどこで鳴るのかという問いには答えにくい、といいます。
なぜなら、フライスクリームは口全体で鳴るからです。

実際の発声には、フォールスコード(仮声帯)を使います。以前フォールスコードスクリームを扱ったときにも書きましたがフォールスコード(仮声帯)は通常の発声を行う声帯の外側に位置する器官で、喉を痛めにくいスクリームに有用です。
0:39あたりでナチュラルなフォールスコードの音を発声してくれています。なんかちょっとアホっぽい声ですね。なんかで聞いたことある気がするんですが、なんでしょうか。。。

さて、このフォールスコードの使い方を身につけたら、次に、音程を加えていきます。少し歌声っぽくなりましたね。

そして、次に、その作った音程を破壊します。ゆっくり、ゆっくりとです。このとき、少しだけ、音を首後ろに響かせ、高音を混ぜます。これは恐らく、ファルセット時の喉に近い形でしょう。

これで、凶悪なフライスクリームが出来上がりです。

ポイントとしては、軟口蓋を開き、口の中のスペースを広げることです。軟口蓋は欠伸をするときに上がるので、その形を模すと良いですね。

これができるようになったら、フライスクリームを実際のスケールで練習していきます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ポイントとしては、やはりフォールスコードスクリーム同様に仮声帯を使う、というところと、頭の後ろに響きを持ってくる、という点です。恐らくですが、フライスクリームがしたければ、まずはしっかりとした裏声の体得が必須になってくるのではないでしょうか。

しかし、フライとありますが、ボーカルフライとの関係はどうなんでしょうか…?
ウィキペディアによると

グロウルやスクリームを作るため、ボーカルフライは、横隔膜から得られる息と組み合わせてメタルで使われることも多い。
引用:https://en.wikipedia.org/wiki/Vocal_fry_register

とのことなので、やはり関係はありそうですが…今後も要研究ですね。

ではまた。

7/3追記

フライスクリームに関してもう少し詳しい動画がありましたので、そちらを読み解いてみました。
より具体的な解説や練習法が語られていますんでこちらも合わせて是非ご覧ください!

初心者スクリーマーが学ぶ、フライスクリーム発声の実践練習法

でもやっぱりフライスクリームが出来ない方へ:1/13/2017追記

「やっぱり、フライスクリームが何なのかよくわからず、発声できない・・・」という方に向けて、デスボイス専門トレーナーのいわお(@burn_the_sky)さんが動画を投稿されていたのでご紹介しています。フライスクリームもまた、フォールスコードだったのです…。詳細は以下。

フライスクリームができない方必見!「まずボーカルフライ(エッジボイス)を忘れよう」という動画