Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

ファルセットとヘッドボイスの違い

      2017/04/29

ボイトレ情報

高い声で歌いたい。これはロック系のみならず、年々キーが上がっている気がするポップスを歌う方にとっても死活問題でしょう。

そこで、重要だとされるのが「ファルセット(≒裏声)」「ヘッドボイス(≒頭声)」です。この二つは同じようなものとして扱われたり、また全く別物として語られたりするので、しばしば混乱をきたします。

今回はこのファルセットとヘッドボイスについて、Justin Stoneyさんが実際発声しながら語っている動画がありましたので、こちらを見ながら考察していきましょう。

ファルセットとヘッドボイス

男性のファルセットとヘッドボイスは実際似たようなものであるため、しばしば間違えられるようです。

実際、何が違うのでしょうか?
動画内でデモンストレーションしてくれます。1:20付近からです。・・・わかりましたでしょうか?

ポイントは「息漏れ」にあると彼はいいます。ここでそれぞれの特徴を振り返っていきましょう。

ファルセットとは

筋肉がストレッチして声帯が伸び、息が頭の後ろを通ることで高音が発声される仕組みです。
声帯間のコンプレッションが薄く、息漏れのある音色です。

ヘッドボイスとは

ファルセット同様、声帯が伸び、息が首後ろに送られます。
しかし声帯がわずかにコンプレッションし、息漏れしないのがポイントです。
ストーニーいわく、「ヘッドボイスとはミックスの一種」とも考えているようです。ミックスとは声帯動作のブレンドですが、ヘッドボイスでは裏声的な声帯の伸びと地声的な声帯のコンプレッションの両方の特徴を備えてるため、そのように捉えているのでしょう。

息漏れしているかどうか、声帯がコンプレッションしているかどうか、がファルセットとヘッドボイスを分かつものとなっているようです。しかし、ヘッドボイスでも、ほんのわずかに声帯がくっつくだけなので、やりすぎには注意ですね。

実例

動画の3:50あたりからです。

  • ファルセット:ビートルズ の曲でよくある「woo!」ってアレです。
  • ヘッドボイス:irish folksong テナーはファルセットではなくライトなヘッドボイスで歌うそうです。

また、感覚をつかむのに次のTimbalandの「Apologize」がよいとか


サビの「it’s too late」でファルセット、「to Apologize」でミックスと両方を行き来していますね。

どのように鍛えるか

重要なのは、「ファルセットをサボらない」ということだそうです。
ファルセットをすることで声帯を伸ばすエクササイズになり、高音の感覚を養えます。 喉を痛めにくいしグットですね。

その際、息を首の上後ろに通すことが大切とのことです。

ヘッドボイスはファルセットより強い声帯の動きであるとはいえ、特に男性はチェストボイスのように厚い声帯使いをしてしまいます。こうなると常に力まなくてはならなくなり歌うのが大変辛くなってしまいますよね。

ですので、チェストの際のように音を前に飛ばさず、高音時には正しく頭後ろに響かせるようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
ファルセットとヘッドボイスの違いをわかりやすく把握できましたが、あくまでファルセットの延長線上として捉えるのがよいでしょう。以前tamplin氏の説明で扱われた通りですね。

はやく「ヘッドボイス」を身につけよう

しかし、Stoney氏の「ヘッドボイス」に対して、「息漏れのない裏声」「強化ファルセット」という言われ方をする場合もあるでしょうし、ハードロック界における「ヘッドボイス」はもっとタイトで鋭いイアン・ギランのシャウト的なものが想像される場合もあるでしょう。まあ、ヘッドボイス周りは明確に定義されておらず色々な意味で使われますので、あまり言葉の意味に振り回されないほうがよいかもしれませんね。

大切なのは、「ファルセット」と「ヘッドボイス」は高音発声のメカニズムが同一で、音が頭の後ろから抜けるものだということ、「ヘッドボイス」では声帯がわずかに接触するため「ファルセット」とは異なる音色となる、ということです。しっかりと「ファルセット」的な高音発声を練習して、チェスト張上げ地獄から逃れられるようにしていきましょう!

ではまた。