Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

ソウルフルな地声の高音発声!ベルティング(Belting)の方法

      2017/04/30

ボイトレ情報

ブルース、R&Bやソウルの歌手は、高音域を地声のまま伸びやかに歌っていますよね。

「高音域」「地声」といえば、ボイトレ系のワードをかじった方ならすぐピンとくるのが、「ミックスボイス」ですが、この「ミックス」の声と、ソウルフルな高音は、どうも違う声なんじゃないか、と個人的には感じていました。

「ミックス」は練習方法もネット上にたくさんあり、技術的に体得できそうな感じですが、ソウルシンガーの「あの力強い高音」については、「体格・骨格に恵まれた人だけが出せる声なんだろうか…」などと考えておりました。

そんな中、ネットをサーフィンしていると、「ベルティング(belting)」という概念をみつけました。ベルト、ベルト発声という言い方もしますね。これはまさに、ソウル等の「あの声」を指し示す言葉で、どうも、海外のボイトレの世界では割と一般的な概念らしいです。

今回は、丁寧な解説でおなじみのNew York Vocal Coachingのジャスティン・ストーニーさんによる「ベルティング三部作」の第一部を見ながら、「あの声」について学んでいきたいと思います。

ベルティング(ベルト発声)とは

ストーニーさんは、ベルト発声に関して、「いろんなところで様々な定義をされていて、一つの概念として捉えるのは難しい」という前置きをしつつ、動画内では、「チェストボイスを、換声点を超える音域まで引っ張りだすこと」というようなことをおっしゃっています。「エール(yell)」に近いとも。

ウィキペディアによると、ベルティングはしばしば「高いチェストボイス」と定義されるが、それは技術的には異なるそうです。また、1つの声区として定義されることもあるが、これもまた異なるという。・・・なんだかはっきりしませんね。

1つ重要なベルティングのポイントとしては、ミックス、ヘッド 強化ファルセット等々といった、裏声ベースの発声とは異なる、というところでしょうか。

力強いベルティングは誰もができるわけではないらしく、チェストボイスをまだちゃんと発声できない人はやめておいたほうが無難でしょう。チェストボイスについてはこちらをご参照のこと。

意外と忘れがち?チェストボイス(胸声)の鍛え方

参考楽曲

ミックスじゃない、ピュアなチェストボイスを持ち上げて高音域を歌う、という方法は、ソウル等だけでなく現代のポップスでもよく聴かれるそうです。

例に挙げられているのは、Kings Of Leon の「Use Somebody」です。

この曲のサビの部分でしょうか?チェストボイスの持ち上げてベルティングしています。

ベルティングは喉に悪い?

いわゆるミックスの発声法とは異なり、チェストを持ち上げて発声するため、喉へのダメージがあるのではないかと考えた方もいたのではないかと思います。

しかし、喉に悪くないようにすることはできるのだとか。

但し、つねにベルティングすると喉を痛めるので、やめましょう。

喉が痛くなったり、声が掠れてきたり、というのは危険なサインなので、これまたやめた方が良さそうです。

ベルティングボイスは口から出す

ポイントは、ストレートに口から声を外に出す、ということです。

以前扱った通り、ファルセット、ヘッドボイス、またはミックスというのは、音を頭の後ろに抜けて出るよう意識します。

一方、ベルティングはチェストを引っ張り出しますので、口から外に音がでていくようです。 このときは勢いよく、力強く歌う心持ちで発声しましょう。

ベルティングの感覚を掴む練習方法

先ほどの「use somebody」のサビを半音ずつ上昇させて練習します。
男性・女性とも同じスケールではじめていますが、チェストの音域が異なるため、スタートする場所、止める場所が異なるそうです。

まとめ

ベルティングはチェストを引っ張って歌う高音域発声法(しかし厳密なチェストではない)

裏声ベースの声とは違い、音は頭ではなく、口から出る

アレサ・フランクリンのような、あの力強い中高音は、どう聴いても地声にしか聴こえず、いわゆるミックスボイスの延長線上にあるものなのかどうか疑問に思っていました。

また、初期のメタルシンガー、例えばブルース・ディッキンソンなども、やはり、ベルティングの色が濃い感じがします。

リスクの大きい発声となりますので、やはりヘッドボイス、ミックス、ファルセットが優先課題とはなりますが、ベルティングにはそれらにはないソウルフルでエモーショナルな表現が可能ですので、ジャンルによっては是非トライしたいところです。

「ベルティング3部作」とのことなので、2、3も引き続き追いかけていきます。
ではまた。

「ベルト発声」第二回はこちら↓

力強い地声風ミックスボイス!? ハイノートのベルティング