Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

深く不快な溺死ボイス!「ガテラル(guttural)」の発声法

      2017/04/29

ボイトレ情報

エクストリーム系発声の記事はタイトルを考えているときが一番面白いです。奥岳です。

ガテラル(guttural vocal)は「デスボイス」の一種として知られています。グロウル(≒デスボイス)をより低音に、こもった感じにした音色で、そのあまりの不快なサウンドゆえ一部では「下水道ボイス」「溺死ボイス」などという言われ方もします。
初期Carcass、abysmal Torment 、Devourmenなどが有名なガテラルボーカルでしょうか。

エフェクターかましてより邪悪にするパターンも。

・・・。

ゴア的な何かやブルータルな何かなど、使いどころは極めて少ないガテラルですが、表現としての凶悪さは他のボイスの追随を許しません。今回は、Metal YoutuberのJared Dinesさんの動画で、そんなガテラルボイスの出し方を勉強していきます。

ガテラルの出し方

基本的には、通常の低いスクリーム(グロウル)の変形であるようです。ですので、この解説は通常のグロウルが既にできる方向けになりますね。

ガテラルは通常のグロウルに加え、「舌の形」「口の形」「口からの息の出方」を変えて音色を変化させたものになります。

通常、グロウルでは、口はoの形、舌はアップダウンします。
一方、よりガテラルの場合は、舌は口の底につけ下の歯を押し出すような形をとります。そして、口をすぼめて息の漏れるスペースを最小限にします。「魚の顔っぽい感じ」とも。

こうすることで、グロウルと違った音色の、あの「コポコポ」とした深く不快なガテラルサウンドが吐き出されます。

まとめ

いかがだったでしょうか。
なんにせよ、「ガテラルはグロウルの応用編」なので、まずは通常のグロウルの体得が先決かもしれません。

凶悪なデスボイスを発声する4つのステップ

デスボイス系の発声全般にいえることですが、基本的に一歩間違えると喉をがっつり痛めてしまうのがこのジャンルです。毎日少しずつ、慎重にやっていきましょう。また、通常のボーカル練習以上にご近所の目が怖いので、練習場所にもご注意を。

ではまた。