Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

ふらつくピッチを徹底修正!正しい音程で歌うための練習方法

      2017/04/29

ボイトレ情報

実を言うと、ぼくは歌の「音程(ピッチ)」にあまり自信がありません。
気持ちよーく正しい音程で歌っていたつもりでも、あとあと録音等を聞き返すとイマイチ音程が合っていない気がする…。そんなことが往々にしてあるんです。

「正しい音程で歌うなんてボーカリストの基本だろ!下手くそ!」と言われてしまえばそれまでですが、ハイトーン等の華々しい発声の練習に気を取られ、この「正しい音程で歌う技術」というのが意外と疎かになりがちな気がします。

今回はニューヨークのロックボイストレーナー、ケヴィン・リチャードさんの動画を見て、「正しい音程の練習方法」について勉強していきたいと思います。

「音痴」は練習で大体治せる!

まず、「音程」に自信がない方は往々にして自分のことを「音痴」と考えがちです。まあぼくもそうでした。
しかしながら、医学的な意味での「本当の音痴」というのは実は人口の1-2パーセントほどしかいないそう。「本当の音痴」とは、例えば「ドーミーソ」と鳴らして、その3つの音の違いが聴きわけられないような状態のことです。

この音の違いが聴き分けられるような場合で、正しい音程で歌えない、というのは、音を聴く脳と、発声をする筋肉の間で良い連携ができていない、ということなんだそうですね。

つまり、ここの連動性を高めていくことによって、「正しい音程で歌うこと」を身につけられるというわけです。

「正しい音程で歌う」練習方法

さて、実際の練習方法についてです。
ここで紹介されているのは、まず次の3ステップです。

まずmid C、ドの音を鍵盤で鳴らします。

声を出さずに音を脳で思い描くようにします。

実際に、聴いた通りの音を発声します。

実際にやってみて、「余裕!」という方もいれば、なんだか微妙に音がずれてしまう方もいることでしょう。その場合、脳と声帯の連携がとれていない、ということです。

音がシャープしたりフラットしたら、ギターのチューニングをするように、少しずつ正しい音程に合わせていきます。

練習の際、声の音色は鼻腔共鳴の効いたブライトなトーンを保つようにしましょう。

慣れてきたらランダムな音で同様に練習します。

練習は、毎日10分程度はやりましょう、とのことです。2、3週間もすれば、効果が出てきて正しい音程で歌えるようになってくるのだそうですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。
ギターをやる人なんかはわかるかもですが、つまりはチューニングの作業に近いイメージですね。

なお、この練習法にはピアノ、鍵盤が必要です。

「やべ!持ってない・・・」と思った方も、大丈夫ですよ。
動画中ケヴィンさんもおっしゃってますが、今は便利な時代なので、スマホやPCで動く鍵盤アプリが無数に存在しています。

かくいうぼくも鍵盤を持っていませんが、iphoneユーザなので、GarageBandの鍵盤をヘヴィユーズしております。


Garageband

重くて気になる、という方はこの辺りがサクサクでよいかも。

pianoリアル・ピアノ 無料

さて、しっかりした音程で歌えるよう、これから修行していきます・・・。
ではまた。