Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

初心者スクリーマーが学ぶ、フライスクリーム発声の実践練習法

      2017/04/29

ボイトレ情報

ECで頼んだ品物が配送業者の不手際で受け取れず、平日の夜ながらスクリームしたくて仕方がないぼくです。こんばんは。

さて、以前扱ったフライスクリームの発声方法ですが、フライスクリームとフォールスコードの関係など、少しモヤっとしているところがありましたね。紹介した動画が短かったこともあり。

断末魔のデスボイス!「フライスクリーム」の出し方

そこで、同じRocky Music Studioさんの動画で、もう少しフライスクリームを細かく解説しているものがありましたので、復習も兼ねて、フライスクリームをもっと詳しく勉強していきたいと思います。

さて、いきましょう。

フライスクリームの感覚をつかむ:above the pencil

凶悪なスクリームも、まずは小さく元となる音を出せるようになることが第一歩です。はやる気持ちを抑えて、しっかり取り組んでいきましょう。

最初の感覚を掴むのに有用なのが、Rocky姐さんの「above the pencil」練習法です。以前フォールスコードスクリームを扱った時にも出てきましたが、スクリームを喉ではなく頭の上部で鳴らす感覚を養うのによいトレーニングだそうです。

方法としては、鉛筆のような棒切れを使います。次にそれをくわえて口を閉じ、ボーカルフライを出します。

ボーカルフライとは、チェストボイスの下の声区にあたる発声方法で、声帯が緩みきってバチバチという「揚げものをやっているときのような音がでるのが特徴です。詳しくは過去の記事もご参照ください。

決定版!ボーカルフライの見つけ方

さて、口を閉じたまま、ペンを乗り越え、頭で鳴るようイメージしながらボーカルフライをします。

abovethepencil

ちょっとシュールな絵ですが、周囲の目を気にしていてはいけません。

このとき、喉は使わないという意識は徹底しましょう。声を押し出したり、痛めるような方法はNG。

これでペンを外し、口を開いてもうまく出れば、無事フライスクリームの原音が完成です。

セカンドオプション:クリーントーンからフライスクリーム

上で出来たフライスクリームを、よりパワフルにしていきます。そのために、強度のあるクリーントーンからフライスクリームへ以降する練習です。

最初に、特定の音でクリーントーンの発声をします。このとき、響きはタイトに音程を保つようにしましょう。

このとき、息の支えは大切です。が、過剰に息を押し出す必要はありません。
何かを忘れた時に「はっ」という時の程度のブレスで十分だそうです。

そして次にフライスクリームにしていきます。そのとき、フライスクリームになるにつれ徐々に喉の後ろに口のスペースを広げていくイメージを持ちます。

サードオプション:フォールスコードからフライスクリーム

クリーンのときと同様、まずフォールスコードの発声をし、そして徐々に後ろに広げフライスクリームします。

注意点として、ここでいうフォールスコードとは、フォールスコードスクリームのことではなく、純粋なフォールスコードサウンドです。以前も出てきましたが、なんかアホっぽい発声法です。

まず虫の鳴き声みたいなこの声の感覚をつかみましょう。喉を痛めるような方法は間違っているのはいわずもがな。

そしてフォールスコードサウンドができるようになったら、喉奥に音を広げてフライしていきます。
最初は弱弱しくても、練習していくうちに強化されていくようなので、くれぐれも押し出さないように!

ここまでできれば、立派なパワフル邪悪スクリームが完成していることでしょう、とのことです!

フライスクリームの練習方法

8:50からです。

フライスクリームをさらに強化していく「えいえい」エクササイズが紹介されています。

鍵盤に合わせて、「えいえい」の発音でスケールを上昇し発声します。このとき、どんどん高音部に上がっていきますが、そのとき喉は開いたまま保つようにしましょう。

喉をしめて押し出すような音ではダメです。まずクリーントーン行い、次いでスクリームで発声します。

まとめ

前回よりも長い動画で、かなり丁寧にフライスクリームの開発法が説明されておりました。ありがとう姐さん!
要点は次のような感じでしょうか。

「above the pencil」でフライスクリームの感覚をつかむ

クリーン→フライでスクリームにパワーを

フォールスコード→フライでスクリームに凶悪さを

前回のエントリであまり詳しくわからなかったこともあり、フライスクリームは未だイマイチなぼくですが、今回の内容を基に練習していきたいと思います。

ではまた。

でもやっぱりフライスクリームが出来ない方へ:1/13/2017追記

「やっぱり、フライスクリームが何なのかよくわからず、発声できない・・・」という方に向けて、デスボイス専門トレーナーのいわお(@burn_the_sky)さんが動画を投稿されていたのでご紹介しています。フライスクリームもまた、フォールスコードだったのです…。詳細は以下。

フライスクリームができない方必見!「まずボーカルフライ(エッジボイス)を忘れよう」という動画