Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

高音域を上手く歌うコツは「母音の変形」にあり?

      2017/04/29

ボイトレ情報

例えば、とある曲でC5のハイトーンが歌えるのに、別の曲では苦しくて歌えない、そんなことはないでしょうか?

もしかしたら、その原因はそのC5の箇所の「母音」に原因があるかもしれません。

母音。いわゆる、「あ い う え お」の事ですね。この母音をはっきり明瞭に、というのは日本語でも英語でもスピーチの定石でしょうが、こと歌に関してはそうではないようです。

今回は、老獪なボイストレーナー、チャック・ギルモア先生の講義動画で、高音域での歌唱をラクにする、「母音変形(Vocal Modification)」の方法を学んでいきたいと思います。

母音変形:高音域を歌うための最も力強いTips

「発音を明瞭に」というスピーチの定石に反して、歌、特に高音域では母音を変形させることが推奨されています。

さて、母音変形とは、実際どういうものなのでしょうか?チャック先生は、大体次のような言葉で表現されていることだと言っています。

  • 「丸める(rounding) 」
  • 「暗くする、籠らせる(darkening)」
  • 「狭める(narrowing)」
  • 「閉じる(closing)」

イメージできますでしょうか?ちょっと順番は前後しますが、3:10あたりからデモンストレーションをしてくれていますので、そちらもご参照ください。

低音から高音域に移行するとき、響きはチェストからヘッドに移ります。
例えば、「oh」の発音でチェスト→ヘッドに移行するとき、高音域になるにつれ「uh」に近い、狭めたような母音の変形を行います。こうすることで、非常にラクに声区を切り替えられるというのです。

一方、ダメな母音変形は次のような形です。

  • 「広げる(spreading)」
  • 「開く(opening)」

こうした母音の変形は、様々な問題を引き起こします。
2:28くらいから例示されていますが、高音域になるにつれ母音をワイドのままにしておくと、チェスト→ヘッドの切り替えするのが難しい、または不可能になり、また、声帯は十分に薄くできずに、声が裏返ったり、ピッチがふらつく原因になるそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

海外のボイトレ動画を見ていると、ケン・タンプリン先生はじめ、大体「高音域では母音を変形しよう」というように語られることが多いので、この概念は業界でコンセンサスのとれているものなんだと思います。

単に高音域が歌いやすくなるというのもありますし、なんというか歌が洋楽的に聴こえるコツもこの母音変形にあるような気がします。
皆さんも、母音変形、ぜひお試しくださいね。
ではまた。