Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

健康的なディストーションボイスの出し方・最初の一歩

      2017/04/29

ボイトレ情報

度々扱っている歪んだ歌声(Distortion/Rasp)に関して、度々当サイトでも勉強させていただいている英国のロッキー姐さんが練習方法を動画にしてくれていましたので、こちらを見ていきたいと思います。

声を歪ませているのに「健康的」とはどういうことだ、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際、数々のボーカリストががっちり声を歪ませてライブやツアーを回りながらも声を枯らさないのは、持続的に発声可能なディストーションの「技術」が世に存在するからです。

今回はタフなボーカルでおなじみのロッキー姐さんに、その体得方法をご教示いただきましょう。

健康的ディストーションは、喉で歪ませない

これはいろんな方々がおっしゃっていることでもありますが、普段声を発声している「声帯」で声を歪ませる、というアプローチはとりません。すぐに喉を壊してしまいます。

ディストーションはフライ、およびフォールスコード(仮声帯)を使って音を作ります。
痛みやテンションを感じたら、間違った方法とのことなので、そこが感覚的な指標になりそうです。

そして、全ては「above the pencil」。ロッキーさんの指導全般に使われる、喉を使わない感覚を養うのに役立つ考え方・練習法です。詳しくはこちらのフライスクリームの回もご参照ください。口の奥に響きを感じ、音の指向性としては鼻腔を抜けて前に出て行くような、感覚を養いましょう、とのことです。

まずは、フライスクリームから始めよ

さて、つぎに実際に歪みを作っていきます。世の中には色々アプローチがあるかと思いますが、ロッキーさんは、まず、フライスクリームから始めるべき、とおっしゃっています。「声の歪み」という点ではスクリームでもディストーションの効いた歌声でも、共通なんですね。
ですので、フライスクリームの回も合わせてご覧になっていただけると良いかと思います。

まず、クリーンとフライをスイッチするエクササイズを行います。
1:28頃で例示をしてくれていますね。「クリーンノートのトップにフライを重ねるイメージ」だそうです。

つぎにクリーンノートとフライをミックスしていきます。
その練習として、先のスイッチングを、より滑らかにつなげる方法があるそうです。
2:30にて例示してくれています。高音のクリーンから低音のフライ、逆に低音のクリーンから高音のフライへと滑らかにつなげます。このようにして、フライを使った声の歪ませ方を磨いていくのだそうですね。

そして、フォールスコードを使おう

つぎにロッキーさんはフォールスコードについて話をしていきます。
ここでいうフォールスコードは、いわゆるフォールスコードスクリームとは異なる音色です。
3:10で例示してくれていますが、虫の鳴き声のような、ちょっとあほっぽい?音色です。これまでロッキー姐さんが度々扱っていた、純粋なフォールスコードの音色ですね。

さて、この純粋フォールスコードの発声法の見つけ方です。
まずは高音域から始めます。なぜ高音からはじめるかというと、低域だと喉を使用しがちだからだそうです。

音色は極めて鼻声にしていきます。アヒルっぽい音色です。少々かっこ悪いですが、これが完成系のサウンドではないので、続けていきましょう。よくできない、という方はこちらの記事が参考になるかもしれません。

声を明るく抜け良くする鍵は、「鼻声」?

つぎに、よりタイトな響きで、断続的に同じスポットにヒットさせる練習をします。BUZZYなサウンドが見つかれば、それがフォールスコードのサウンドだそうですね。
響きは例のごとく「above the pencil」で上部に感じられ、音の指向性は鼻腔を通じて前に飛ぶような音です。

喉へのダメージがないように注意しながら歌声に

ここまでで、まずディストーションに必要な感覚を養いました。これを元に、歌声にしていくわけですが、一点、「こんな音はトライしてはいけない」という例をロッキーさんは例示しています。 4:36ごろですが、これは「喉で歪ませた例」だそうです。

一方、5:50以降で良い例を提示してくれています。喉に痛みやストレスを感じない、健康的な発声だそうです。6:12からは高域でのフライによるディストーションもデモしてくれています。

まとめ

「まずはスクリームから」というのがロッキー姐さんの見解で、これは他の歪み系のアプローチとは異なり面白い着眼点かもしれません。ディストーションボイスというのは、ある意味でスクリームと通常の歌声のミックスなんですね。わたしもセコセコ練習していきたいです。

ではまた。

2017/3/21追記

より簡単に「ディストーションボイス」とは何か、ということをまとめてみました↓

ディストーションボイスとは一体何なのか、簡単に解説してみた