Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

ビブラートのやり方・練習法その1:音程を上下する方法

      2017/04/29

ボイトレ情報

歌の技巧のひとつに、「ビブラート」というものがあります。ビブラートがかかった歌は、表現豊かで上手に聞こえますし、カラオケの機械採点の点も上がり傾向です。良いこと尽くめですね。

そんなビブラートを体得したい、という方も多いはず。ですが、ビブラートは「発声が良くなれば自然にかかるようになる」といわれることも少なくなく、実際どう練習すればいいのか、その方法論ははっきりしないことも多い気がします。

本日は、ニューヨークのジャスティン・ストーニーさんの動画にて、「ビブラートとは」というところを具体的かつ実践的に学んでいきたいと思います。本日の内容は、「ビブラート概論」ってとこでしょうか笑 では、勉強をはじめます。

ビブラートとは

基本的にはピッチチェンジまたはベントすることで、基本となる音から外れずに、音程の波が上下すること、とおっしゃっています。ビブラートなし、ありのデモを1:20秒あたりからやって下さっていますので、その違いが解るのではないかと思います。

なお、ビブラートの速さについて、「人の耳は6hz/second あたりの音を好む」らしいです。
「?」って感じですが、ヘルツとは1秒当たりの振動数を表す単位で、6hzとはすなわち1秒間に6回ほど振動するくらいの速さ、ということですね。
当然、早くなることもゆっくりになることもできますが、この6hzというのが一つの基準になるようです。

そして、ビブラートなしのストレートな音とビブラートのかかった音を自在にできるようになるべき、とのことです。ビブラートありなしのどちらかが優れているというわけではなく、どちらも歌を表現する上では必要な要素だから、とおっしゃっています。

また、「ビブラートの神話」として、「ボーカルを長い間練習していたら、ある日突然出来るようになる」というものがあります。実際過去にはそういう人も大勢いたとのことですが、しかしながら、ストーニーさんは、「ビブラートが意識的に学習し、開発できるもの」だと考えているようです。

ビブラートとボーカルスタイル

現代のポップやロック、R&Bでもビブラートが不要というわけではないんですが、しかしながら、より必要となるのは、クラシックやブロードウェイのシンガーでしょう、とのことです。

ミュージカル『Phantom of the Opera』より「All i ask of you 」でデモンストレーションをしてくれています。

動画内のデモでは、ビブラートあり、なしの切り替えも聴かせてくれていますが、ビブラートなしの方は淡白というか、若干コメディっぽい感じです。つまり、ブロードウェイスタイルの、感情的な表現にビブラートは不可欠なんですね。

ビブラートクササイズ

ビブラートの感覚は、ピッチベントからはじめます。
まずゆっくりピッチベントし、その後少しずつ速くしていきます。

発音は「me」の発音で行います。

まとめ

ビブラートは「速くピッチベント」、最初はゆっくり、徐々に早くして体得

ビブラートのオン・オフを自在にコントロールできることが歌の表現力向上には必要

忘れがちなのは、「ビブラートはあくまで表現の手段」ということですね。
ぼくはメタル育ちなんでビブラートは勿論好きなんですが、歌の中で出来るようになったばかりの頃はこれ見よがしに使いすぎてなんだかしつこい感じになってしまっていました。私感ですが、楽曲に合わせてビブラートの有り無しを使い分けて適切な塩梅で歌えることが、「本当に歌の上手い人」って感じがします。

ではまた。