Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

口からエレキ!ボイスギターのやり方

      2017/04/29

ボイトレ情報

「ギターが自由に弾けたらなあ。」そんな風に思ったことはありませんか。

まあギターを買って、練習すれば良いだけの話なのですが、これがなかなかに難しいわけです。ぼくは諦めました。

そんな挫折者に朗報なのが、どうやら「口でギターのような音を出す方法」なるものがあるそうです。まずはこちらを。

…世の中には凄い人達がいるもんですね。

この「口からエレキギター」、実はある程度ノウハウ化されているようで、youtubeでもいくつかHow toの動画をみつけることができました。今回はこの特殊発声の方法についてみていきたいと思います。

「口からエレキギター」の出し方

いくつかある中で、一番とっつきやすいなぁ、と感じたのはDeke Sharonさんのこちらの動画。

動画内で説明されているステップは次のようになっています。

  1. 舌を上歯にくっつけながら、「nnn」で発声
  2. 口をすぼめて上歯を下唇にくっつけて、同様に「nnn」で発声
  3. 舌を上歯から離す

この際、唇近辺にジリジリとした音を感じられましたでしょうか。
この口近辺での特徴的な響きが、「ギターっぽい音」の原音になります。
これに、音の入りなどで歪んだアタック音を加えることで、よりエレキギターらしさを強調します。これはボーカルフライの技術を使うと良さそうです。

なお、同じ方法で、ヴァイオリンや、テルミンもいけるようですね。アタックや、ディストーションの違いによってつくるようですな。

今回、僕が試してみた音はこちら。

・・・ギターっていうより、なんか100均とかで買える安い電子楽器の音みたいです。
ただこれにピッキングの音やビブラート、ハウリングのニュアンスなどを加えれば幾分近づける・・・かもしれません。あと、低音よりは高音のほうがそれっぽく鳴りますね。

吸気発声による「口ギター」

また、調べていると、この「口ギター」は「吸気発声」で行う方法論も散見されました。主にヒューマンビートボックス界隈で広まっている「(インワード)サイレン」という技をベースに行うようです。

たとえば、このような動画。

あるいはこのような。

いずれにしても、基本的な発声ポイントは呼気のときと同様で、

  1. 口をすぼめて口周辺に音を作る
  2. 歪みのニュアンスを声帯側(ボーカルフライ)でつくる

という点のようです。
こちら、まだぼくはできないです。吸気での発声が特別下手なのかもですが、呼気の場合よりも難易度が上がる印象です。ただその分、「人の声っぽさ」が軽減される気がします。

まとめ

口をすぼめて口周辺に音を作る

歪みのニュアンスを声帯側(ボーカルフライ)でつくる

吸気発声で行うとよりギターらしい出音が得られる

いかがだったでしょうか。
とはいえまあ、「ホンモノのギターとそっくり!」という領域に達するまでには相当の研究が必要そうです…。その時間でギター練習すれば、普通にうまくなりそう。

でもやっぱかっこいいなぁ。練習しよ。
ではまた。