Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

「お腹から声出す」という迷信?

      2017/04/29

ボイトレ情報

「喉は使うな、お腹(横隔膜)で歌え」。歌を少しかじった人ならば誰でも知っているであろう言説です。しかしながら、初めて歌を学ぼうという人にとって、これは大きな混乱をきたすワードでもあります。「声は喉の中の声帯の振動によって作られる」とは誰でも知っていることであり、当然「お腹からは声はでない」からです。

さて、この言説は割りと世界共通なようで、ニューヨークのジャスティン・ストーニーさんは、「『横隔膜で歌う』という迷信をぶっ壊す」と息巻いた意欲的な動画を挙げられていました。

力強いロ○キー風小芝居から始まるこの動画を見ながら本日は「お腹で歌う」ということに関して考えていきたいと思います。

「お腹で歌う」という迷信

バーミンガムのマットさんは、「喉は使うな、お腹(横隔膜)で歌え」という指導を受け、大変混乱したそうです。「どうやってお腹から声をだすんだ・・・?」と。

これは混乱しても仕方がないですね。なぜならば、「お腹(横隔膜)から声出す」は不可能だからです。

ストーニーさんいわく、横隔膜は肺に空気を入れるために使われる、吸気オンリーの筋肉で、呼気の場合、横隔膜はパッシブになり、他の筋肉が働くとのことです。歌う際は通常呼気に乗せて発声されるため、「横隔膜で歌う」というのは不可能、とのことですね。

また、意図せずとも横隔膜は常に働いているため、横隔膜を強化するというのも難しいでしょう、とのことです。

横隔膜に関する再定義

「横隔膜から声出せ」は迷信なので、重要な点を再定義する必要がある、とストーニーさんは言います。

いわく、混乱しがちな「横隔膜から声を出すこと」に変えて、「息を吸うときに横隔膜の働きを最大化させること」と言い方を改めてはどうか、とのことですね。

この「横隔膜の効果を最大化」というのには、2タイプの呼吸タイプが効果的とのこと。

  • 腹式呼吸(belly breath)
  • 胸郭呼吸(rib cage breath)

また、「思っているよりも小さな呼吸で良い」ともおっしゃっています。「腹式呼吸」というと息を強く吸って吐いて・・・というイメージがありますが、意図してたくさん息を吸うことはむしろ、歌うのには不都合なようですね。

横隔膜の効果を高める楽曲デモ

ミュージカル”Annie get your guns”より、 “Anything you can do, I can do better”という曲でデモをしてくれています。

喧嘩シーンのデュエットで、曰く「おバカな歌ですが、良き練習なる」そうですねー。

最後のロングトーンなどがそうですが、「音程を支えるのに横隔膜の効果を最大化させる必要がある」そうです。この際、そんなにたくさんの息を使うことはなく、吸った息を吐く際に効率的に音に変えています。

横隔膜を活用するメリット

横隔膜を効率化する利点はサステインだけではないそうです。

  • スタミナ、健康的な歌声
  • 高音発声
  • 声区の移動、コントロール
  • ビブラートやレガートなどの技巧の開発にも

…万病に効きますね(?)

横隔膜効率化エクササイズ

「Sh」と「Zh」の発声で、1-2-3-2-1でのスケール練習をします。
「Sh」は声なし、「Zh」は声ありで、行ったり来たりを繰り返します。

再三ある通り横隔膜からは歌うことはできませんが、息をどのよう吸い、横隔膜の効果を最大化させるか、という点が大切なので、そこを意識してエクササイズしてみましょうとのことですね。

まとめ

なぜ横隔膜を最大化させることがサステインだったり声区のコントロールなどに役立つのかは、うーんあまりわかりませんでした。
息を上手に吸い、横隔膜の効果が最大化すれば、呼気時のコントロールが安定的になるということでしょうか。詳しい方教えてください。

とりあえず、今回重要なのは、「腹から声はでない」ということですね。「息を吸う」ということと、「声を出す」ということを一旦切り分けましょう、というのが論旨な気がします。

ギターで例えるなら、声帯周りのコントロールは「左手の運指」、呼吸のコントロールは「右手のピッキング」といったところでしょうか。よく「運指はすごい早いんだけどピッキングが下手すぎて出音が・・・」みたいなギタリストがいますが、同様に、喉のコントロールだけでは良い歌声は得にくいのかもしれません。まあまた逆もしかりで、呼吸だけ上手くなっても声帯周りのコントロールに乏しければ歌は上手くならないでしょうが。

また、「腹から声出せ」というと思いっ切り息を吐いて声を出すイメージがありましたが、ストーニーさん曰く「大量の呼気は必要ない」とのことなので、横隔膜の効果の最大化はボリュームよりも寧ろ安定的に息を供給することに目的があるように感じました。

…あと、余談ですが。
「冒頭の寸劇時の喉頭型の模型欲しい…」と思って調べたら、amazonにそれらしきものが売ってました。


3B Scientific Functional Larynx 3 Times Full Size by 3B Scientific

めっちゃ高い…。(2016/12/25現在¥82,905)
…だれか遅めのクリスマスプレゼントでくれてもいいですよ?
ではまた。