Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

フライスクリームができない方必見!「まずボーカルフライ(エッジボイス)を忘れよう」という動画

      2017/04/29

ボイトレ情報

「フライスクリームの開発はボーカルフライ(エッジボイス)から、と見たので、練習を始めてみたけど、イマイチやり方がわからない…」という方はいらっしゃいませんでしょうか? ええ、ぼくのことです。

昨年、デスボイス専門トレーナーいわお(@burn_the_sky)さんのレッスンを受け、いわゆるフォールスコードスクリームに関しては何となく感覚を掴むことができました。が、フライスクリームに関してはイマイチ理解がおよんでおりませんでした。「いくらボーカルフライしても、音が大きくならないよ・・・?」と半ばあきらめ状態だったわけです。

そんな中、この謎多き「フライスクリーム」に関して、いわおさんがyoutubeにてとても興味深いご提案をされていて、とても腑に落ちた部分がありましたので、今回はこちらを共有させて頂ければと思います。先ずはご覧ください。

・・・そう、我々は誤解していました。なんと フライスクリームの歪みは、「フォールスコード」だったのです。

フライスクリームの歪みはフォールスコード(仮声帯)で作られる


「フライなのにフォールスコード…?」

…よく知っている人ほど、混乱する言葉ですよね。以前記した通り、スクリームは「フライスクリーム」「フォールスコードスクリーム」の2種類が主に知られています。そして、フライはいわゆる「ボーカルフライ」と呼ばれる、ブチブチっとした声帯の振動音を使い、フォールスコードは「仮声帯」の鳴りを使った手法だと一般的には考えられていますね。いわおさんも同じくそのように考えていらっしゃったのは以前記した通りです。

newtheory_fry

しかしながら、それは異なるのではないか、というのが今回のいわおさんのご提案です。なぜならば、「ボーカルフライでスクリーム足りうる音量は鳴り得ないから」だとおっしゃっています。実際に動画内でデモをしてくれていますが、確かに難しそうな感じです。

従来言われている通り、ボーカルフライからピッチを上げていってフライスクリームにしていく、という方法で、確かにスクリームらしい音量を稼ぐことができるのですが、いわく、このスクリーム時で得られる歪みは、仮声帯の鳴りによるもの、だということですね。

例外となるのは吸気の場合で、吸気時は声帯側でエッジの音が大きく鳴るため、吸気でのボーカルフライを使ったスクリームは可能だともおっしゃっていますね。

まとめ

勿論、現段階では仮説になるのでしょうが、ぼくの中ではとても納得感のある言説です。

「ボーカルフライ」は、「声帯が緩みきった状態のときに鳴る音」で、通常チェストボイスの下の1番低い声区と考えられています。
一方で、多くの人のデモにある通り、「フライスクリーム」はハイピッチで使われるスクリームです。ハイピッチということは、声帯は高音を鳴らせる、すなわちピーンと伸びた、テンションのかかった状態であるということ。つまり、「ボーカルフライ」足りうる声帯の弛みは成立できないのでは、と個人的には思います。なので、歪みはフォールスコード、仮声帯で作られる、という訳ですね。

動画内でも言及されている通り、いわおさんはこれまでのフライスクリーム開発のhow toを否定されていると言うわけではありません。
ただ、「ボーカルフライから始めてみたけど、フライスクリームがイマイチ掴めずに困っている…」という人は、一旦ボーカルフライから頭を離してみるのも良いかもしれませんね。

そういえば、以前扱った動画でも、「フライスクリームの歪みは仮声帯で作られる」と言われていました。

断末魔のデスボイス!「フライスクリーム」の出し方

当時は「フライなのになぜフォールスコード・・・?」と疑問しかなかったのですが、そこのモヤモヤが晴れた次第です。フライスクリームって名前がヤヤコシイ原因を生んでいるのでは・・・?

しかしながら、フライ、フォールスコードを含めた「デスボイス」を、これほどまでに原理から説明しようという方は東西問わずそうはお目にかかれないですね・・・。
興味のある方は是非一度いわおさんをフォローされてみると良いかと思います。勿論、レッスンを受講しての体験もオススメですよ!

デスボイスを考察する会(1人)(いわおさんのブログ)

ではまた。