Rock Vocal Tips

海外ボイトレ情報ほかロック歌唱研究ブログ

カラオケ好きの人はチャレンジしよう!「DAMともボーカル」の利用方法

   

ボーカルライフ

カラオケの「ガイドボーカル」ってご存知ですか?
カラオケの音源では通常、伴奏に加えて歌メロをなぞる単音が鳴っているんですが、リモコンで切り替えるとそれの実際の歌バージョンが流れる、というものです。
このカラオケハードメーカー第一興商の提供する「DAM」シリーズでは、この「ガイドボーカル」に一般ユーザーが気軽に申し込むことができるようになっているんです!


DAMともボーカル

twitterでの反応を見る限り、歌好きな皆さんにも意外と知られていないこのサービス。
サービスの概要と、簡単な利用手順をまとめましたので、どうぞご参考までに!

DAMともボーカルとは

「DAMとも」という、DAMの提供する歌投稿プラットフォームで展開されているサービスで、「DAMとも」で録音・投稿した曲を、カラオケ端末のガイドボーカルとして申し込むことが出来ます。

採用されれば、ガイドボーカルとして全国のカラオケ端末に配信されます。
これ、カラオケファンとしては、チョット胸が高まりますよね。
(もっとも、ガイドボーカルなんて機能、ほとんど誰も使っていないでしょうが…)

利用方法

利用ステップとしては、「1.DAMともに登録」「2.DAMともで曲を録音」「3.DAMともボーカルに申し込む」の3つの手順を踏む必要があります。

DAMとも に登録する

まずは、「DAMとも」に登録する必要があります。
カラオケ店でなくとも、ウェブサイトから登録できるので、時間短縮の意味でもカラオケ店に行く前に事前に登録しておくのがベターでしょう。
DAMとも

DAMともで曲を録音

カラオケ店に来店後、登録したID/PASSで店のDAM端末から「DAMとも」にログインします。
そうすると、端末の画面に「DAMともボーカル」みたいなバナーがあるので、そこから録音をしましょう。
以下のあたりをみるとだいたい分かるかと。
DAMともボーカル−エントリー方法

注意点としては、「ガイドボーカルに申し込むためには標準キーで録音すること」です。
なぜならば、ガイドボーカルとして採用されるのは「標準キー」の場合のみだからです。
高音で有名な曲などは、キーが原曲より♭2とか♭4とかになっていることが多いのですが、そういった曲は原キーでは歌ってもガイドボーカルに申し込めないので注意しましょう。

DAMともボーカルに申し込む

あとは、録音した曲をDAMともボーカルに申し込みましょう。DAM端末、またはウェブサイト上から申し込むことが出来ます。

ちなみに、DAMともボーカルに採用されるためには、歌った曲の精密採点の点数が、80点以上で、当月1位である必要があります。人気のある曲は当然厳しい競争がありますので、「どうしてもガイドボーカルになりたい」という方はあまり歌われていない曲で申し込むとよいかと思います。
ちなみにぼくは、幾つかの曲でガイドボーカルになりましたが、↓の曲などは当月申込んだのがぼくだけだったので自動的にガイドボーカルとなりましたw

FullMoon [フルムーン]

まとめ

カラオケ好きとしては、ガイドボーカルに採用されるのは何か公式感があって嬉しいですし、全国のライバル達とガイドボーカルの枠を巡って競うのもゲーム性があって楽しいですよね。
DAM側としても、従来ガイドボーカルを録るにはそれなりに制作費がかかっていたものと思われるので、それが一般ユーザーが勝手に録ってくれるとなれば、その分コストカットできます。
いわばWin-Winの良いサービスだなぁと感じました。

惜しむらくは、「DAMとも」自体のユーザビリティが低いこと(録音した音の公開に審査があるため時間がかかる、投稿曲数に制限がある、等)と、 「DAMともボーカル」が月1での審査のため、申し込みしたことなどをすっかり忘れてしまうことでしょうか…(ぼくもしばらくすっかり忘れてました)。もっとリアルタイム性があるとゲームとしては面白そう。

しかしやっぱり、「私の歌った○○が全国のカラオケで配信されています」って言うの、ちょっと気持ちいいですよ笑 日々歌を歌っている皆さん、今年は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
ではまた。